自然素材・・・本物?偽物?

TVや雑誌などで、自然素材の良さが宣伝されるにつれて、例えば無垢材を使用したフローリングを採用する住宅会社が増えてきました。

ところが、この無垢のフローリングに、ウレタン塗料を塗っている会社も多く見られます。

ウレタン塗料自体は、国が定めた基準(F☆☆☆☆)をクリアしたものがほとんどなので、大抵の人には影響が少ないと考えられています。厚い塗膜が無垢材をコーティングしますから、傷つきにくくなるという理由で採用しているようです。
想い

ちなみに、国が定めた基準(F☆☆☆☆)というのは、シックハウス症候群の原因になると考えられている有毒化学物質が、60種類以上あるなかのたった2種類が基準値以下である事です。

たった2種類だけで、一般的には多くの人には安全という事になっています。

しかし、ものは言いようで、実際に国が定めた基準(F☆☆☆☆)以下のものは、実は使用が制限されています。
そう言われると、国が定めた基準(F☆☆☆☆)であっても危険性を含むと感じる人も多いでしょう。

国が定めた基準(F☆☆☆☆)だったとしても、人体に有害なトルエン・キシレンといった溶剤を含んでいるため、シックハウス症候群などの敏感な人には、あっという間に反応が出てしまいます。

ですから、極端な話ですが、ホルムアルデヒドは基準値以下なのに、残りの58種類の有害化学物質が出ている、そんな建材でも、国の定めた基準(F☆☆☆☆)は満たせるということになります

さらに、無垢材、ひどい時には無垢の柄を印刷した合板に塗料を塗って、それを自然素材と言って売り出しているケースがあります。

これは、とても誤解を招く表現だと思います

想い自然素材の良さを求めて、無垢のフローリングを相談したのに、コーティングされたフローリングを勧められる事も多いようです。

塗料を塗ることで無垢材を傷つけにくくするのはいいのですが、そうすることで、無垢材の特徴である保温効果調湿効果が無くなってしまいます。そうすると、合板フローリングと同じ、真冬にホットカーペットや床暖房などの暖房器具に頼らないと、床が冷たくて直に座っていられないという状態になります。
これでは、せっかく無垢フローリングにした意味がありません。

例えば、無垢の板と、塗料を塗った板とを冷蔵庫に入れて、冷え方を比べてみれば、違いがよく分かります。
塗料を塗った板はいつまでも冷たく残ります。冬場に素足でいられない家は、このような塗料を塗ったものを床材に用いてしまうからです。

家は呼吸するもの。杉や檜など自然のままの無垢材を用いた建築は、反りが出たりすることがありますから、そういうものを気にする方にはお勧めすることはできませんが、健康に良い住まいを作ることを考えている方には是非とも考えていただきたいです。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム